スポンサーリンク

キャッスルヴァニア ロードオブシャドウ

2019-07-30

悪魔城ドラキュラシリーズの最新作です。メタルギアシリーズの小島監督が監修してるとか。

ドラキュラシリーズはFC版を少し触って月下の夜想曲にハマり、DSで出たシリーズを少し触った程度の知識しかありませんでしたが、今作が始めての3Dドラキュラ。PS2で出ていた前作よりはかなり完成度が高いみたいです。

プレイした所感では、GOW3+ワンダと巨像といった感じ。流石にグラフィックの面ではGOW3には一歩及ばずと思いますが、十分に綺麗な映像と、タイタン戦のスケール感は中々に迫力がありました。QTEや壁登りなどの探索アクションもGOW3に酷似していますが、現代の3Dアクションって大体ベースがこんな感じになりがちだとは思うので、むしろそれらが好きな人には入りやすいでしょう。

ムービー中のQTEは少し多すぎな気もしました。その回数のせいでムービーをまともに見れないんですよね、意識をそっちに取られてしまって。ステージ切り替えの際のロードは、アンチャーテッドやGOW3に慣れてしまった今だと少しストレスに感じてしまいましたね。昔から見れば贅沢な悩みなのですが。

段々と出来ることが増えていくシステムは使いこなせればプレイに個性が出て面白いですね。増えすぎて存在を忘れている技とかが結構あったりするのがネックですがw

今までの古城を探索するタイプのドラキュラから見ると、基本的に一本道であり、2段ジャンプが出来るようになったからこっちの道を探索出来る、みたいなのが殆どありません。アイテムが手に入る程度はありますが。さらに前半は草原や洞窟、村などの探索が多く、シリーズ特有の古城でのゴシックホラーな雰囲気とハイセンスで盛り上がる音楽があまり感じられません。3Dアクション故、敢えてなのでしょうが、従来からのファンにとっては少し物足りないかも知れませんね。個人的にはドラキュラシリーズだと思わないでプレイした方が素直に楽しめると思いました。

ボリュームはこの手のアクションゲームとしてはかなり多い方と感じました。ダれる程ではないのですが、普通に雑魚戦が辛いゲームなので少し気が滅入ることもあります。私は難易度はノーマルでプレイしましたが、雑魚戦でかなり苦労した記憶があります。ボス戦ではライカンロードのコーネルやマルファス戦でかなり苦戦しました。前者は単純に初の強敵戦だったこと、後者はタマゴから出てくる雑魚が強すぎてw ノーマルでこれですからアクションゲームとしての難度は結構高いほうかなーと感じました。私が下手なだけかも知れませんが。

総評としては、新しい面白さはないが色々なゲームの面白さを兼ね備えて、上手く纏められている作品だと思いました。

広告

PS3

Posted by macho-metool