スポンサーリンク

四川料理 松の樹 川崎の老舗四川中華!

川崎駅から10分程度歩いたところにある四川系の中華料理屋。
一度訪れた時に予約でいっぱいで入れなかったぐらいの人気店だ。

用事があって川崎に来た時に今度こそはとリベンジ。
確実に食べられるよう、開店30分前ぐらいから店の近隣で暇をつぶしていた。

ここはオーナーやスタッフも本場大陸の人のようで、本場の四川料理が楽しめる店としても聞いていた。

こちらが店でも人気の3種の担々麺の一つ、「正宗担々麺」だ。
他2つは一般的な唐辛子メインの汁無し坦々麺、胡麻と豆乳で日本人向けにマイルドに調整した厨房担々麺。

この正宗担々麺は、本場の味を再現したタイプで、山椒(花椒)、ラー油、黒酢がガツンと効いたインパクトのある汁無し坦々麺だ。
黒酢がやはり他の担々麺と違うポイントで胡麻とは違うコクが出る。
店でもこの正宗担々麺はヤミツキになるか全然ダメかに完全に分かれるらしい。

最近出張が多いのも会って、広島名物汁無し坦々麺を食べる機会が多いが、あれも黒酢で味を調整するタイプだ。
山椒、唐辛子の辛さなども考えると広島の汁無し坦々麺は本場の汁無し坦々麺に近い味付けなんだなと、感じた。
これにネギが大量に入っていれば広島風の完成だ。

せっかく来たのだからと、こちらも追加で頼んだ。五目炒飯だ。
割とチャーハンに目がない方で、有名な店なら迷わず頼む方だ。

私はどちらかというと町中華のしっとりチャーハン派だが、パラパラ系もそれはそれで美味いと感じる。
こちらはしっとり派。だが重くなく味付けもさっぱりしているためいくらでも食べられるチャーハンだ。
しっとりだが水分量のバランスが絶妙なのでこの味が出せるのだろう。

もう一つおまけでマンゴー杏仁豆腐と頼んだ。
これがまた美味い。マンゴープリンもコクがあり杏仁豆腐は甘すぎない感じでさっぱりと頂ける。
担々麺とチャーハンで重くなった口をさっぱりとさせてくれるデザートだ。

なんだかんだで追加で色々頼んだため3000円程度にはなってしまったが、
ランチや普通に夕食で訪れる分には料理のクオリティを考えると非常にリーズナブルなお店だ。

他にも頼みたいメニューがたくさんあるのでいずれ再訪したい店である。

広告