スポンサーリンク

鳥つね自然洞 神田の首相も食べた伝説の親子丼!

最寄りは末広町駅。駅を出て蔵前橋通りから栄佐亀通りに入りしばらく進むと右手に見える店だ。
看板など小さくあまり目立たないが、昼時は行列が出来ているのですぐに場所はわかるだろう。

この店はなにを隠そう安倍首相も食べたという鳥料理専門店で、親子丼が名物なのだ。

この日は夕飯の時間になってしまった。
昼は行列必至ではあるが、夜は予約客も多いのかそれほど混んではいなかった。
メニューを見ると親子丼は3500円の小丼セットでしか食べられなかったため、仕方なくそちらをチョイス。

セットについてくる鳥しんじょ。鶏肉のメンチカツといったところだ。
衣はサクサクだが、中の鶏ミンチ肉はものすごく柔らかい。ソースは付けずに塩で食べるものらしい。
なかなか食べたことのない味で美味しかったが、小さいのであまり食べた感はない。
おつまみ程度だろうか。

そしてこちらが親子丼(小)。たまごで閉じた親子丼に生卵をたっぷり絡ませて汁だくに仕上げられている。
とろとろの卵と柔らかく煮込まれた鶏肉。間違いなく美味い。・・・美味いが小さい鳥しんじょと合わせて3500円・・・。

親子丼が通常サイズだったらまだしも、小親子丼+鳥しんじょではお腹がいっぱいにもならないのに流石にこの値段はちょっと高すぎる印象だった。


というわけであまりにも消化不良な感じだったので昼にリベンジしてしまった。
流石に昼は行列がすごい。回転率も良くはないのでそこそこ待つことになる。

こちらが特上もつ入り親子丼(2100円)。特上親子丼は限定20食である。
改めて食べてみると、割り下の味自体は割とあっさりしている。それは使っている卵の味自体が濃厚だからだろう。
相変わらず汁だくだが上品な味に仕上げられているなと改めて思った。

こちらの通常サイズの親子丼が特上&モツ入りで2100円ならば、値段的にも文句はない感じだった。
やはり夜はお高めの値段になるものだなと痛感した次第である。

親子丼に関しては都内でいろいろな店を試しているが、その中でも私の中で上位に位置する店である。

広告