スポンサーリンク

ナイルレストラン 日本最古のインド料理屋で名物「ムルギーランチ」を食す!

東銀座駅最寄り。歌舞伎座から昭和通りを挟んだ向かいにあるインド料理屋。この店は日本で初めての本格的なインド料理屋で、ナイルというのは創業者の名前らしい。創業は1949年で、正に老舗インド料理屋である。

カレー百名店になんども選ばれており、メディア露出も多いとにかく超有名店なので常に人は耐えない。特に昼時になると11時台でも長蛇の列だ。

ただし回転率は良いので多少の行列ならばすぐに店内に入れるだろう。というのも大半のお客のお目当ては決まっており、店側もわかっているので席についてからの提供が早いのだ。

席に座るとムルギーランチでいい?と聞かれる。はい、と答えると3分ほどで到着だ。他のメニューを頼みたい場合は、メニューくださいといえば良い。

こちらがランチタイム名物の「ムルギーランチ」(1500円)。ムルギーとはヒンドゥー語で鶏という意味らしいので、要はインドの鶏めしだ。提供時はもも肉が骨付きの状態だが、店員が目の前で肉をほぐしてくれる。

南インドのミールスもそうだが、こちらもライスとカレーを完全に混ぜ合わせて食べるのが美味しいと教えてくれる。ワンプレートでキャベツ、マッシュポテトが乗っているが、これらを一緒に混ぜて食べるのもまた美味い。

味自体はマイルドでとても食べやすい味だ。恐らく創業当時のインド料理に慣れていない日本人向けに調整した味を守り続けているのだろう。だからといって平凡な味というわけではなく、食べているうちに様々なスパイスの味が後から効いてきて汗ばんでくるのだ。
これは美味い。何度でも食べたくなるような不思議な魅力があるカレーだった。

料理を提供する店員とは別にやたら話しかけてくるフランクなおじさんがいる。後から知ったがこの人こそ創業者の息子の2代目ナイル氏だったようだ。割と店の名物店長らしくあのフレンドリーな感じは苦手な人は苦手だろうが、これもまた一興だろう。女子グループがいるとそちらに付きっきりになるのであまり話しかけられずに済んだりする笑

ちなみにランチとは銘打っているが、実は夜でも頼めたりする。
日本最古のインド料理屋で、ムルギーランチ。しかと堪能できた。銀座に来たならばその歴史を知るとともに一度は食べるべき名店だ。

広告