スポンサーリンク

東京トンテキ渋谷店

渋谷駅東口16a出口を出た明治通りを挟んだ向かいのビル。その2階にある、「トンテキ」の店だ。トンテキは三重県四日市の発祥で、厚切りの豚ロースに濃いソースを絡めて食べる豚のステーキのこと。
ここでは硬くならないよう肉に切れ目を入れているがそれでグローブのような形状になっている。

人気店だけあって席は満席。少し待つことにはなったがすぐに席に座ることが出来た。
全体的に豚肉なのでお値段は控えめだ。

トンテキ定食200gで1050円、大トンテキ300gで1250円、特大トンテキ500gで2300円。
値段と量を考えるとどう見ても300gがお得サイズである。
ガッツリと食べたい気分でもだったので、ここは大トンテキ定食をチョイス。

こちらが、大トンテキ定食(1250円)。写真だと分かりづらいが2cmほどの厚さがあって、厚切りマニアの私としては嬉しい限りだ。焼き具合はとてもいい具合で、中に少し赤身が残る程度で低温でじっくり焼きました感のある柔らかい肉。ソースは濃厚な醤油ベースで甘味のある感じ。これはご飯にワンバウンドさせて食べると美味いタイプ。

甘じょっぱいソースだが、上にのっているにんにくチップでパンチが加わり食欲も増進される。
なかなかいい組み合わせだ。箸休めの千切りキャベツと柴漬けも良い。

総じて、豚肉のステーキとしては申し分ない美味しさでコスパも良く渋谷に来たらつい寄りたくなる店だ。
今回は初回だったので、まずはオーソドックスは味を選んだが本来辛党の私なので次は大辛メニューにもチャレンジしたいと思う。リピ店。

広告