スポンサーリンク

江戸前煮干中華そば きみはん

鶯谷駅南口を出て、高架を渡り、突き当りの交差点右折、串カツの田中の通りに入ったところにあるラーメン屋。
孤独のグルメにも出たことで有名な喫茶デンの隣だ。

出来てからそれほど立っていないのか、店構え、店内ともに綺麗だった。夜23時まえ営業をしているので、夕食時を逃してしまった場合も使える便利な店だ。

メニューはシンプルで中華そば(塩・醤油)かつけ麺、限定ラーメンに各種トッピングのみである。

こちらが醤油の中華そば(750円)。
メンマ・チャーシュー・海苔に中心に据えられたなるととノーマルグレードのラーメンとしては具だくさんだ。
煮干しラーメンを謳っている割には煮干し感は薄い。節系も入っているのだろうかバランスは良いが、他の濃厚煮干し出汁を謳っている強烈なラーメンに比べるとインパクトはない。魚介系のスープとしてはほどよくまとまっているという印象だ。
麺は中太のストレート麺。こちらも無難な印象。

半チャーハン(300円)も追加で注文した。
こちらも可もなく不可もなく無難な味といったところか。それでもラーメン屋で半チャーハンが頼める店は私好みである。基本的にぼっち飯なので、一度の訪問で出来る限り色んな味を楽しみたいからだ。

煮干しラーメンというのは元々好みが分かれる方だと思うが、こちらの煮干しラーメンは苦手な人でも楽しめる大衆的な煮干しラーメンだった。逆に煮干しファンにとってはこれでは物足りないだろう。スープのバランスは悪くないとは思うが、もう一つ何か特徴がほしい感じがするラーメンだった。

広告