スポンサーリンク

創食浪漫館 TONTON 山口柳井のとんかつ&創食料理!

この日は山口県は柳井市に出張。
出張の楽しみはなんといってもその地の名物料理を堪能することである。
山口県ということで下関でふぐ・・・といきたいところだが、時期を外しているし何より柳井市と下関は県の端と端だ笑 とても出張の片手間にいける場所ではない。ということで柳井市の名物を色々調査してみたのだが、どうも自然薯が名物とのこと。しかし自然薯や長芋は私は苦手なのでパス。

茶粥という伝統料理を食べてみたいところだったが、ホテルから行ける距離には見当たらなかった。
これはもうご当地ものは諦めて単純に近辺で評判の良い店をチョイスすることにした。

柳井駅から南。柳井警察署の向かいにある店だ。
とんかつ屋でもあるが、創作料理もやっており借り切りなども出来る店らしい。近隣では有名店とのこと。

道を歩いている人も殆どいない通りだったが、煌々と輝くこの店は目立っていた。
中は広々として地元の人であろうお客がそこそこ入っており、この時間、この場所にしては盛況だった。

ガッツリと食べたかったのでヒレカツ定食を注文。
ちなみに私はオススメされない限り基本的にはロースよりヒレカツを選択する派閥に属している。
少し昔のことだったので値段をよく覚えてないが、結構いいものを頼んだ記憶はあったので、普通のヒレカツ(1400円程度)ではなく黒豚ヒレカツ定食(2000円)だった気がする。いや普通のヒレカツだったかな・・・。記憶が曖昧で申し訳ない。

私の好みの白系の衣だが、特筆べきはそのボリュームだ。大きめのヒレカツが3つ。値段を考えるとコスパはかなり良いと感じた。衣はサクッと、肉は柔らかく仕上げられていた。肉自体はそれほど上等な感じはしなかったが十分に美味しいとんかつだった。地元で人気なのも納得の味とコスパである。


余談だがとんかつの衣の色は使用するパン粉の糖度による違いらしい。
糖度が控えめになるほどパン粉の主張は控えめになり色も薄くなる。上等な肉を使用していて肉本来の味を楽しみたい場合はこちらの方が合う。
黒に近いとんかつは糖度が高く、パン粉の主張も強いので冷めても時間が経ってもある程度楽しめるそうだ。(故にお惣菜などはほぼ濃い色の衣である)

たしかに言われてみると高級なとんかつ屋ほど白い衣が多い傾向だった印象はある。移転した食べログNo.1とんかつの「成蔵」も「白いとんかつ」ということで有名である。

広告