スポンサーリンク

otto 八丁堀で楽しめるランチピッツァ!

八丁堀駅B2出口から出て北にしばらく進むと左に見える小さなイタリアンのお店。
この店はランチでピザが楽しめる貴重なイタリアンである。

店内は狭くカウンターと席が少し。2階もあるようだが、やはり少し窮屈な印象はある。
ランチはパスタ、ドリア、ピザが選択出来るが、肝心のピザは13:00以降の提供となるのでそこは注意しておこう。
恐らく最も忙しくなる12時台にピザまで作るのは手が回らないのだろうと思う。
ランチでピザを提供しているお店の少ない理由だ。

そしてこちらがランチのピザ、マルゲリータ。なんと値段は600円でサラダと飲み物を付けても800円。
この界隈では破格の値段といっていいだろう。本格的な窯焼きで焼き上げるピザである。
サイズも25cmぐらいはある大判でボリュームも申し分なかった。

モッツァレラチーズ、トマトソース、バジルの定番マルゲリータだが味は無難なところ。チーズが少なめなので自然とトマトソースの味が強いピザだがバジルの香りもちゃんと効いていてアクセントになっている。

しかし私的に残念だったのは、耳が分厚くもっちりとした生地のいわゆるナポリピッツァではなく、全体的に生地が薄くクリスピー感が強いローマピッツァであったことである。 はローマピッツァも嫌いではないが、圧倒的にナポリピッツァが好きなのだ。。
ただ貴重なランチピッツァかつ非常にコストパフォーマンスの高い店であるのは確かなので、ピッツァ目当てではなく他のメニュー目当てにまた訪れるのありだなと感じた。

広告