スポンサーリンク

中華料理 山福 八丁堀駅前の老舗中華料理屋

八丁堀駅前の鍛冶橋通り南側にある老舗の中華料理屋。
早朝、深夜までやっておりそういう面でも非常に便利な店だとのことだ。

店構えはいかにも町中華という感じ。店内は割と広々としている。
私が訪れたのは12時まえだったのでお客もまばらだった。

頼んだのは排骨麺(850円)。排骨麺は今では割とメジャーメニューだが、豚のあばら肉を揚げたものを醤油ベースのラーメンに載せた、中国版のとんかつラーメンといったところだ。
私は排骨麺が何気に好きで、特にオススメがわからない店の場合メニューに見つけるとつい頼んでしまう。

ランチではセットで小ライス付きだ。

排骨麺によくあるのが、カレー粉?っぽいのであばら肉を揚げているのか少しカレー風味な味のものが多い。
この店の排骨麺もそれに違わず、香辛料が効いている味だ。
肝心のスープ自体はあっさりなのはいいが少しコクが足りない気がする。香辛料が効いているだけにコクの足りなさがより顕著になっている印象だ。麺は中ストレート麺だが、至って普通。

うーん、口コミでは麺系よりもご飯系のがオススメというものも散見されたが、正直これで850円は少し割高ではないだろうか?土地柄もあるだろうか、八丁堀には有名なラーメン屋が他にいくつもあり(まあラーメン専門店と町中華を一緒に語るべきではないと思うが)、この中でこの店をチョイスする意義は薄く感じてしまった。
まあ排骨麺を食べただけの印象なので、飯系のメニューのいずれ挑戦して再評価したいとは考えている次第である。

広告