スポンサーリンク

銀座鮨処まる井 銀座三丁目の元祖づけあなちらしを食す!

新富町方面から昭和通りを渡り、マロニエ通りを進み三原通りに入ったところにある寿司屋。出来てからそれほど立っていないのだろうか、キレイな外観で和モダンのオシャレな店だ。銀座を訪れる観光客、外国人客をターゲットにしている感がある。

昼時は大体行列が出来る。平日ですらそうなのだから土日はさらに酷いことになるだろう。
また割と客層がご年配の方が多く、回転率が悪いので行列が少なくても予想よりも時間がかかるかもしれない。

この日は運良くほとんど待たずに着席できたが、席に座ってからがかなり待った。
仕事が丁寧だということかもしれないが、平日のランチ時にはなかなかギリギリである。

こちらが名物・元祖づけあなちらしだ。
通常盛り1500円、1.5人前で1800円。ランチなのでお得な値段だ。
パット見ネタは穴子と漬けマグロだけでご飯が見えてしまっているし、寂しく感じるだろう。

が、づけあなちらしの真骨頂はご飯の中にある。
シャリの中に10種類ぐらいの具が散りばめらているのだ。このシャリだけでも美味しいが、
それに表の煮穴子と漬けまぐろと合わせる。ついでに中央のうずらを溶かすと
全体がまろやかに絡み合ってまた絶妙だ。

ほとんどの人はこちらのづけあなちらしを頼んでいたが、それもよくわかる一品だった。
噂によると寿司のレベルも高いようで、特選ちらし(1800円)はかなりボリュームもありお得とのこと。
また再訪したいと思う。

広告