スポンサーリンク

ブション・ドール リヨンの家庭料理を提供するフレンチレストラン

2019-07-31

銀座五丁目にあるフレンチレストラン。1度目は満席で振られてしまったのでリベンジ。

東銀座A1出口からすぐの場所で中華三原とほぼ同じ場所にあり、隣のビルの地下へ下っていく。

店名のブションというのはフランス・リヨン地方の郷土料理を出すお店のことらしい。高級なフレンチではなく素朴なな家庭料理を提供するとのことだ。

少々お高めだがオニオングラタンスープが美味しいという話を聞いていたので、オードブルとメインを選択できるMenuS(2800円)をオーダー。オニオングラタンスープと子牛のバベットステーキをチョイスした。

提供にはかなり時間がかかるので時間には余裕を持って行った方が良い。私が入った時には他のお客が一人しかいない状況だったが、オーダーから食べ終わるまでかなりの時間がかかってしまった。

パンはおかわり出来る。待機時間が長かったので結構食べてしまった。。

こちらがお目当ての品。オニオングラタンスープは玉ねぎが飴色によく煮込まれていて、具沢山で確かに美味しかった。

メインディッシュ。こちらのバベットステーキも和牛ステーキとは味付けも違う歯ごたえのある赤身のステーキでこちらもなかなか美味しかった。

デザートはカシス?だったかのシャーベットとチーズケーキ。こちらは手抜き感は感じられるどちらも美味しかったが、時間がなかったため、ステーキともに掻っ込むように食べてしまった。


平日の昼休みのランチとしては忙しなくなってしまうため、出来れば時間に余裕のある休日などにゆっくりとランチを楽しむのが良い店だと思う。自分で選択しておきながらだが、この内容で2800円はやはり少し割高には感じてしまう。
料理自体はデザートに至るまでどれも丁寧な仕事でクオリティは高いのだが。

普段のランチならばメインにパン、サラダ、コーヒー付きのMenuA(1100円)なら値段的にも満足出来るだろう。

広告