スポンサーリンク

韓国料理Kollabo銀座店 初めてのカンジャンケジャンを食す!

銀座レンガ通りの無印ホテルの向かいにある、韓国料理屋。
ここはその名の通り有名な韓国料理屋のメニューが一度に楽しめるコラボレーションレストランなのだそうだ。

きっかけは「カンジャンケジャン」とやらを食べてみたいという友人の一言。コリアンタウンがある新大久保の店にしようなど色々模索したが、カンジャンケジャンは大体の店で予約が必要であり、かつ時期によって入荷されないこともあるとのことで 方々探し回った結果、とりあえず確実にカンジャンケジャンにありつけそうだった店がここだ。

とりあえずはカンジャンケジャン入りのコース(たしか5000円程度)を予約したので食べられないことはないだろうと、いざ入店。

こちらは肉野菜炒め。日本の野菜炒めと違って赤い。

マッコリ。やはりこの器で出てくると雰囲気が出て良い。

海鮮チヂミ。結果から言うとこれが一番美味かった。揚げたてでパリパリしていてもっと食べたかったぐらいだ。

そしてこちらが目的のブツ。まずケジャンというのは生のワタリガニを漬け込んだ料理のことで、カンジャンとは韓国の醤油ダレを指す。
つまりカンジャンケジャンとは、醤油ダレに漬け込んだ生ワタリガニのことだ。別名ご飯泥棒とも呼ばれているが、これを食べるとご飯がススム君になるからだそうだ。

一見食べ方がわからないが、これは既にカットしてあるものなので、足を持って胴体の部分にそのまましゃぶりつけばいいらしい。足の方から殻を押すとニュッと蟹の身が出てくる。

漬けてある醤油の味が日本のものと異なり、発酵熟成させたような、ちょっとお酒っぽい感じもある深みのある味である。
この醤油に漬けられた生のワタリガニは、身の甘みと醤油の旨味が一緒になって独特な味わいだ。

正直食べたことのない味だったので、もう少し様子を見たかったところだが、如何せん写真のもので二人分だ。一つのワタリガニを二人で食べたので、二口分しかないのである。これでは良し悪しの判別がつかずに不思議な味だったという印象で終わってしまっても無理はないだろう・・・。
とりあえずカンジャンケジャンで腹をいっぱいにしてみないと判断は下せないことがわかった。

ちょっと汚らしくなってしまったが、一応作法にのっとって甲羅の中にご飯をぶち込み韓国海苔とツケダレ、カニ味噌を混ぜて作ったものだ。これも正直美味いのかどうかわからないまま一口で終わってしまった・・。

カンジャンケジャンの後には焼肉。量は少ないが肉の質はそこそこ。

最後に透明な杏仁豆腐?みたいなものが来てコース終了とあいまった。5千円程度のコースならこんなものかとは思ったが、全体の量は少なめだ。一緒に行った友人の胃は全く満足出来ていない様子だった。

とりあえずは目的だったカンジャンケジャンを食すミッションは果たせた。しかし量が寂し過ぎるのと食べたことのないものだったのもあって、なんだかよくわからない食べ物という印象で終わってしまった。カンジャンケジャン自体高級料理でもあるのでなかなか難しいが、いつかカンジャンケジャンだけで腹一杯にして、その時改めて評価したいと思った次第である。

広告