スポンサーリンク

古都台南担々麺 台湾人も認める池袋の本格台湾料理屋

池袋西北口から、トキワ通りから西一番街中央通りに入ってすぐにある、台湾料理専門の居酒屋。
古都台南担々麺という店名だが、担々麺はない。その辺りの理由はよくわからない笑

完全に飲み屋の様相なので、一人では少し入りづらいが、カウンター席はあるし、
店員のおばちゃんも雑ではあるがちゃんと対応してくれるので問題はなかった。

まずは紹興酒とともに、台湾の居酒屋では外せないという生しじみの醤油漬け。
これは初めて食べる味だ。きつい醤油の味ににんにくの効いた濃い味付けでたしかに酒によく合う。
漬けとは生で食べるしじみは新鮮だった。

次に、口コミでオススメされていたイカ団子。大ぶりのイカがゴロゴロはいっていて、弾力が凄まじい。
これはたしかに美味しい。

担仔麺といういわば真の台湾ラーメンだ。(巷の台湾ラーメンは名古屋発症の謎のラーメンである。)
ミニサイズでいかにも屋台っぽい。ひき肉に燻製たまごをつけている。スープは非常にあっさりした味わいで、
スパイシーさが直に来る感じだ。これはこれで口直しに食べる分には良い。

そしてこちらがお待ちかねの魯肉飯(ルーローファン)。台湾料理といったらこれ!というぐらい有名なメニュー。
豚バラの角煮を甘めの醤油ベースのたれと絡めたものだが、なかなかどうしてこれが美味しい。
すこし燻製の香りがするが、中華料理特有の香辛料臭さはなくマイルドで食べやすい味だ。
今まで食べた中でもかなり美味しい部類に入る魯肉飯だと思った。

残念なのは注文したがおばちゃんに完全に忘れられていて、頼み直すハメになったことだ。

最後はちまき。ちまきは蒸すのにかなり時間がかかるので早めに注文しておくのが吉。
台湾料理の特徴なのかもしれないがかなり薄味だったが、〆に食べたのもあってそれが助かった。
蒸したてなので米ももっちもちで鶏肉などの具材もやわらかくこれまた美味しかった。

台湾料理屋自体にまだまだ行き慣れていないのもあるが、これが本場の味だとしたら、
全体的に私好みの味だったので他のメニューも開拓していきたいと思った。
とにかくメニューは豊富なので何度行っても楽しめるだろう。

広告