スポンサーリンク

CLANNAD ~after story~ 第2話 感想

2019-07-30

遅れましたが、第2話感想です。

前回からの引きそのままに、春原の偽彼女話。
春原の将来を心配する芽衣を安心させてやろうと、
朋也が考え付いたのが、偽の彼女を見せること。
ぶっちゃけ杏にしろ智代にしろ、前回の草野球で、
芽衣と会っているので、いまさら彼女でした~というのも
無理があるのですが・・・w

唯一ゆきねぇは条件をクリアしていましたが、
強面のお友達に邪魔されて敢え無く諦める事に。

途方に暮れていたところにはなんと早苗さんがw
流石に古河家にお邪魔になっている状態では・・・と思いましたが、
デート当日は見事な変装でしたw 
それにしてもこの早苗さん、ノリノリである。
春原、ビビりすぎw

そして、デートの内容は如何に!というところで次回へ。


なるほど~そのまま春原ルートへ移行するために、
この偽彼女イベントを持ってきたんですね。
このままいくと、CLANNAD最大の悪役・サッカー部の登場となりそうです。

しかし・・・渚と付き合っていることが、
周知の事実である今の状態では春原ルート完遂が出来るのか否か。

お前になら任せてもいいと思ったんだよぉぉぉーー!が、
一体どうなってしまうのか・・・。
あの殴り合いがあってこその春原ルートですしね~。
渚と芽衣で二股掛けてるなんて聞いたら、
流石に上の台詞は出てこないでしょうし・・・。

どうすれば綺麗にまとまるかな・・・。
期待半分不安半分です。

広告